池袋シャーロック

収録配信:2021年1月26日(火)File.01・File.02
2021年1月30日(土)File.03・File.04
生配信:2021年2月7日(日)File.05・File.06

出演者

  • 浪川大輔
  • 前野智昭
  • 細谷佳正
  • 天﨑滉平
  • 斉藤壮馬

ムービー

作品概要

イントロダクション

声優・浪川大輔を館長に迎え、新進気鋭のメンバーが集結する朗読劇プロジェクト「READING MUSEUM」。 9月にMixalive TOKYOで上演され、好評を博した第1弾企画「池袋ナイトアウルテールズ」に続く第2弾企画となる本作「池袋シャーロック、最初で最後の事件」は、近年独創性際立つ物語展開で注目株のミステリー小説家・斜線堂有紀によって描き下ろされたオリジナルストーリー。 浪川大輔が演じるのは立帝大学のシャーロック・ホームズこと、犯罪社会学を専門とする大学教授・北崎。彼を取り巻く友人や教え子たちを演じるキャストにも、豪華声優陣が集結しました。登場人物の配役や性格は同じながらも、事件や結末が公演ごとに異なる本作。複数の世界線で繰り広げられ、一幕ごとに新たな驚きが訪れる全6幕の物語、ぜひお楽しみください。

ストーリー

犯罪社会学を専門とする、立帝大学教授・北崎。名探偵に憧れるがゆえに、自ら”立帝大学のシャーロック・ホームズ”を名乗るものの、実際のところ推理力は欠片もなかった。
個性的な友人・絵里坂や、教え子である伊波、雪島、住吉らを巻き込んで、自身が務めるキャンパス内で起こった殺人事件の解決にあたろうとする北崎だったが、無能な推理の過程で、思わぬ真相が明らかになっていく。

File.01「教え子と鈍色の研究」
File.02「友とまだらの雪の冒険」
File.03「遺され組合の帰還」
File.04「密室(ロックドルーム)の醜聞」
File.05「四つの推理の回想」
File.06「北崎教授の最後の挨拶」

キャラクター

  • 北崎:

    立帝大学で、犯罪社会学の教授として教鞭を執る。
    かつてはイギリスの大学で研究をしていたものの、帰国して立帝大学の教授に就任した。高い観察力はあるが推理力は全く無い。また、人を疑うことにも慣れておらず、相手の良いところにしか目がいかない。

  • 絵里坂:

    立帝大学非常勤講師で、専門は中世哲学史。
    北崎とは大学時代からの友人。掴みどころのない飄々とした性格で、世渡りが上手い。探偵に憧れているわけではないが、北崎よりも推理力がある。

  • 伊波:

    北崎に心底憧れている助手志望。助手志望なのに、北崎よりも推理力がある。性格は明るく前向きだが、自分が信じたことに対して思い詰め過ぎるところがある。

  • 雪島:

    北崎と同じ立帝大学で教鞭を執る教授・狩山の息子で、北崎の教え子。教え子だが、北崎よりも推理力がある。常に冷静沈着で思慮深い性格である一方、手段を選ばないところがある。

  • 住吉:

    北崎の教え子であり、雪島の友人。
    物事をあまり深く考えない性格ではあるが、その分真理を突いているところがある。

開催概要

■タイトル:池袋シャーロック、最初で最後の事件

収録配信

2021年1月26日(火)

【File.01】「教え子と鈍色の研究」18:00~

【File.02】「友とまだらの雪の冒険」18:00~
2021年1月30日(土)

【File.03】 「遺され組合の帰還」18:00~

【File.04】「密室(ロックドルーム)の醜聞」18:00~

生配信

2021年2月7日(日)

【File.05】「四つの推理の回想」14:00~

【File.06】「北崎教授の最後の挨拶」18:30~

劇 場
Mixalive TOKYO(ミクサライブ東京)~Hall Mixa~

■出演者

2021年1月26日(火)
File.01:【北崎】浪川大輔 【絵里坂】前野智昭 
【伊波】天﨑滉平
File.02:【北崎】浪川大輔 【絵里坂】前野智昭 
【伊波】天﨑滉平
2021年1月30日(土)
File.03:【北崎】浪川大輔 【絵里坂】前野智昭 
【伊波】天﨑滉平
File.04:【北崎】浪川大輔 【伊波】天﨑滉平  
【雪島】細谷佳正
2021年2月7日(日)
File.05:【北崎】浪川大輔 【雪島】細谷佳正  
【住吉】斉藤壮馬
File.06:【北崎】浪川大輔 【絵里坂】前野智昭 
【雪島】細谷佳正

※出演者は変更になる可能性がございます。

■脚本

  • 脚本:斜線堂有紀

    小説家。電撃小説大賞・メディアワークス文庫賞を受賞し、2017年に『キネマ探偵カレイドミステリー』でデビュー。同作シリーズのほか、『恋に至る病』(メディアワークス文庫)、『コールミー・バイ・ノーネーム』(星海社FICTIONS)など、ミステリ的な仕掛けを駆使し切実な情感と関係性を描く作品を繰り出し、新進気鋭の作家として注目を浴びている。2020年、待望されていた本格ミステリ作品『楽園とは探偵の不在なり』(早川書房)を上梓し、『ミステリが読みたい!2021』国内篇で2位を獲得するなど高い評価を受けた。

    斜線堂有紀Comment

    脚本・斜線堂有紀による書き下ろしにて本公演サイドストーリー「The extra problem」のAmazon Kindle配信も決定。
    全6公演すべてにおいて、公演日同日に配信致します。後日発表の詳細をお待ちください。

チケット

  • ♦全話プレミアムチケット♦
    チケット価格:12,800円(税込み)

    • READING MUSEUM「池袋シャーロック、最初で最後の事件」全話が視聴できるチケットです。
    • 2月14日(日)23:59までアーカイブ視聴が可能です。
  • ♦2話パックチケット
    (File.01「教え子と鈍色の研究」、File.02「友とまだらの雪の冒険」)
    チケット価格:5,800円(税込み)

    • 1月26日(火)配信されるFile.01「教え子と鈍色の研究」、File.02「友とまだらの雪の冒険」が視聴できるチケットです。
    • 2月14日(日)23:59までアーカイブ視聴が可能です。
  • ♦2話パックチケット
    (File.03「遺され組合の帰還」、File.04「密室(ロックドルーム)の醜聞」)
    チケット価格:5,800円(税込み)

    • 1月30日(土)に配信されるFile.03「遺され組合の帰還」、File.04「密室(ロックドルーム)の醜聞」が視聴できるチケットです。
    • 2月14日(日)23:59までアーカイブ視聴が可能です。
  • ♦2話パックチケット
    (File.05「四つの推理の回想」、File.06「北崎教授の最後の挨拶」)
    チケット価格:5,800円(税込み)

    • 2月7日(日)に生配信されるFile.05「四つの推理の回想」、File.06「北崎教授の最後の挨拶」が視聴できるチケットです。
    • 2月14日(日)23:59までアーカイブ視聴が可能です。
  • ♦各話シングルチケット♦
    チケット価格:3,400円(税込み)

    • READING MUSEUM「池袋シャーロック、最初で最後の事件」いずれか選択した1話が視聴できるチケットです。
    • 2月14日(日)23:59までアーカイブ視聴が可能です。

【配信チケット販売スケジュール】

 
      
  • 受付開始:
    2021年1月12日(火)18:00~2021年2月14日(日)12:00

  • ※チケットの販売は一律で2021年2月14日(日)12:00まで
  •   
  • 受付URL:https://w.pia.jp/t/reading-museum/

  • ※dTVでも「各話シングルチケット」の販売を予定しております。
    詳細は後日公式サイトにてお知らせ致します。
  •  

チケット購入はこちら

  • 原作:「池袋シャーロック、最初で最後の事件」
  • 脚本:斜線堂有紀
  • 演出:伊勢直弘
  • 音楽:【ピアノ】松村湧太 【ヴァイオリン】小林修子 
    【ヴァイオリン】伊藤万桜
  • ビジュアル:オクソラケイタ
  • デザイン:円と球
  • クリエイティブプロデュース:星海社
  • 主催:「池袋シャーロック、最初で最後の事件」製作委員会
pagetop

お問い合わせ

【公演に関するお問い合わせ】
「池袋シャーロック、最初で最後の事件」公演事務局
03-6280-4670(平日11時~18時)
【チケットに関するお問い合わせ】
ぴあ question@pia.co.jp
(営業時間10:00~18:00 土日祝・年末年始除く)